TOPスポンサー広告タマゴマンは中学生


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告
TOP本:子どもの心を知る本タマゴマンは中学生


タマゴマンは中学生
タマゴマンは中学生 〈入学編〉タマゴマンは中学生 〈入学編〉
(2002/03)
坂本 勤

商品詳細を見る


今のところ明るくのんきに育ってくれているりんりん。

でも、ガミガミうるさいと自分でも思うわたしは
これまでの自分の子育ては後悔することばかり
今はいいけれど、これからの思春期になって
昔のわたしのように反抗期がものすごかったらどーしよー
いつだって反省と不安だらけのわたし。

2009年のある夏の日
りんりんの学校に来て
保護者達に子育てのお話をしてくださったのが
『タマゴマンは中学生』の著者の坂本勤さんでした。
小柄で細身な坂本勤さんは
やさしい語り口調と美しい言葉づかいがとても印象的な
上品な老紳士でした。

“勉強しなサイ”“宿題やりなサイ”“早く寝なサイ” 
こう言われる度に子どもの心は
「サイ」のように硬くなっていくそうです。

・「○○しなサイ」と言わずにすむ方法
・反抗期の子どもに見せるべき親の姿とは
・子どもの自尊心を育む4つの実行
・陥りやすい子育ての勘違い

などなど、お話の内容はどれも目からウロコで
誰にでも実行できそうなやさしい事柄でした。

すっかり坂本勤さんに心ひかれたわたしは
普段はAmazonで中古本しか買わないのに
坂本勤さんに敬意を表して
『タマゴマンは中学生』全3冊を新品で購入しました

この本に登場するのは 主に
性格の違う3人の子ども
(タマゴマン、アナゴマン、ダンゴマン)と
これまた性格の違うその母親達。
そしてタマゴマン達の中学校の先生です。
何か起きると、3人の子ども、3人の母親、
それぞれの言動や考えを対比させています。
自分がどのタイプに近いのか
読み手が思わず考えてしまう面白さがあります。

そして 高圧的なところがまったくなく
穏やかな口調で
物事の真理を解り易く教えてくれる先生。

タマゴマン達の中学校生活の
何気ない会話や行動の中から
大切なことは何かを教えてくれます。

中学生の子どもを題材にした本ですが、
お子様がいる方
子どもと関わる仕事をされている方
そして何より、子ども達に
是非読んでいただきたい素晴らしい本です。

※難しい漢字にはふりかなをふってあるので
 小学生でも大丈夫です。


タマゴマンは中学生 2 〈自立編〉タマゴマンは中学生 2〈自立編〉
(2003/09)
坂本 勤

商品詳細を見る


タマゴマンは中学生〈3〉卒業編タマゴマンは中学生 3〈卒業編〉
(2004/09)
坂本 勤

商品詳細を見る



ランキングに参加しています♪
応援クリックしていただけると嬉しいですo(*^▽^*)o

                   
   育児ブログ・ランキング

スポンサーサイト

カテゴリ:本:子どもの心を知る本
テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。