FC2ブログ
TOP本:子どもの絵本

このカテゴリーの記事



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

絵本『おしいれのぼうけん』
おしいれのぼうけん (絵本ぼくたちこどもだ 1)おしいれのぼうけん
(絵本ぼくたちこどもだ 1)

(1974/11)
古田 足日

商品詳細を見る



『おしいれのぼうけん』

はわたしが子供の頃にも読んだ絵本で
1974年発売だから多分7歳か8歳だったと思います。
(歳がバレる

ちょっぴり怖くてドキドキするけど
“怖くない怖くない”って自分に言い聞かせながら
読んだような気がします。

絵は色のない鉛筆タッチで
おしいれの中の暗~い感じがよく出ていて
子供にはかなりスリリングでしょうね。


布団の中でいつものように読み聞かせをしていると
ひたすら黙って聞き入っているりんりん。

いつも読む絵本は色鮮やかな絵本が多くて
りんりんも読み聞かせの最中に笑ったり
あーだこーだとお話しすることもあるのですが
今回は一言も発せずじーっと聞いている。
もしかしてあんまり好きじゃないのかな???

そのうち後半くらいでわたしの方がウトウト・・・
ZZZ・・・

トントンと肩を叩かれて目を覚ますと
すっごい真剣な顔をしたりんりんが
“ちゃんと最後まで読んでよね!”という目で
わたしを睨んでいました。

りんりんは絵本の世界にどっぷり入り込んでいたみたいです。
お話しの佳境で居眠りしてしまってごめんよ~

今度読むときは昼間 にしようと思うのでした。


ランキングに参加しています♪
応援クリックしていただけると嬉しいですo(*^▽^*)o

      
育児ブログ・ランキング

スポンサーサイト

カテゴリ:本:子どもの絵本
テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

絵本『ちびくろ・さんぼ』
絵本が大好きなりんりんと読んだおすすめ絵本をご紹介します。
絵本のすばらしさが少しでも伝わればいいなぁ(*^▽^*)

『ちびくろ・さんぼ』
かわいい男の子のさんぼが、
ジャングルで出会った虎に、
命とひきかえに持ち物をとられて…。

この絵本も、わたしが子供の頃読んだ絵本です。
トラがバターになっちゃっうっていうところに、
悪を成敗したような気持ちを、
子供心に感じていたと思います。

大人になってから、この絵本が、
人種差別だなんだと騒がれて、
“は?なんで?”と思っていました。
だって、この男の子が大好きでしたから。
“ちび”“くろ”“さんぼ”を騒ぎ立てるのは、
大人の勝手な偏見じゃないのかな。
“このちいさな黒人の男の子”=“自分と同じ子供”
としか思っていなかった子供の頃のわたし。
それ以上でもなく、それ以下でもなく、
同じ子供というだけの認識。

大人より子供の方がピュアな分、“真”だと思うのでした。


カテゴリ:本:子どもの絵本
テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

絵本『三びきのやぎのがらがらどん』
絵本が大好きなりんりんと読んだおすすめ絵本をご紹介します。
絵本のすばらしさが少しでも伝わればいいなぁ(*^▽^*)

『三びきのやぎのがらがらどん』
大きさの違う3匹のやぎ。
名前はみんな「がらがらどん」。
ある日、3匹は草を食べようと山へ向ったが、
途中渡る橋の下には、気味の悪い
大きな怪物「トロル」が住んでいて…。

この絵本もわたしが子供の頃読んだはず。
不思議なことにその頃は考えなかったようなことを、
大人になると考えていると気付きました。

なぜ小さいヤギと中くらいのヤギは、
自分が助かりたいが為に、
平気で大きいヤギを狙わせるようなことをいうのだろう。

なぜ、大きいヤギは、
まだ何をされたわけでもないトロルを、
破壊してしまうのだろう。
そこまでしなくても・・・。

北欧の民話をベースにした物語だと言うけれど、
お国柄の違いなのか、わたしの頭が硬いのか・・・。

でも、こんなことを子供の頃は考えたりしなかった。
りんりんも“ひどいね”なんて言わなかったし。
この絵本は、大人と子供で感じ方が変わる、
面白い絵本だと思います。


カテゴリ:本:子どもの絵本
テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

絵本『いいおかお』
絵本が大好きなりんりんと読んだおすすめ絵本をご紹介します。
絵本のすばらしさが少しでも伝わればいいなぁ(*^▽^*)

『いいおかお』
ひとりでいいおかおをしていたふうちゃん。
そこへ、いいおかお見せててって、猫がきました。
猫も真似っこして、いいおかお。
猫のあとから、イヌも真似していいおかお。
象さんも真似していいおかお。

この絵本は、わたしも子供の頃読んでもらった絵本です。
表紙を見ただけで懐かしさがこみ上げてくるのは、
この絵本があまりにシンプルで、
記憶を惑わせる余計なものが一切無いからかな?
もしかしたら、一生記憶に残るのは、
こんな絵本なのかもしれませんね ♪
d(-_^)good!!


カテゴリ:本:子どもの絵本
テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

絵本『いないいないばあ』
絵本が大好きなりんりんと読んだおすすめ絵本をご紹介します。
絵本のすばらしさが少しでも伝わればいいなぁ(*^▽^*)

『いないいないばあ』
いろんな動物がでてきて、いないいないばあをする、
よくあるタイプの絵本ですが、
なぜかわたしの中ではこれがナンバーワンです。
実は、そらは今時のカラフルな、
いないいないばあが好きなのですが、
わたしはこのモノトーンチックさと、
動物たちの“目力”に魅かれてしまうのです。

皆さんはいかがですか?(^ー^* )フフ♪


カテゴリ:本:子どもの絵本
テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌
| Top Page | Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。